image44アフィリエイトという言葉自体は

あまりメジャーではありませんね。

 

はじめて聞く方や、アフィリエイトっていうのはネットビジネスの副業にいいと聞いた事がある方など様々だと思います。

まずは、アフィリエイトについて説明させて頂きます。

そもそものアフィリエイトの英語の意味は、affiliate[af・fil・i・ate]

「提携する」という意味があります

インターネットの広告の一つとして、アフィリエイト広告があります。

バナー広告では、広告主から見ると掲載料の割には売れない場合もありますが、

アフィリエイト広告というのは、自社サービスをPRしたいネットショップさんなどが

アフィリエイト会社へ、月額の利用料(相場は月額4万です)を支払い

あとは、売れた場合(申込みや会員登録など)に、ネットショップ自身が決めた手数料を

ホームページでバナーを張ってくれた方に支払うネット広告です。

中小のネットショップにとっては、価格的にもとても利用しやすく

広告主にとっては、実際に売れた場合のみに手数料を支払えるのならリスクもなく利用できます。

広告主から見ると、そのアフィリエイト会社へ登録すれば

アフィリエイト会社が月額の利用料をもらっている代わりに、個々のサイトをまとめて

ネットショップへアフィリエイトの手数料を請求するため、

ネットショップにとっても管理が楽というメリットもあります。

ブログ等で紹介されていれば、クチコミのように見えますので

(一般の方にはアフィリエイトで紹介されているのか、クチコミで紹介されているのかが判断しにくいため)

広告主にとっては、利用しやすい広告です。


皆さんは、そういったネットショップや自社サービスを宣伝したい会社の商品を

ホームページやブログ、メルマガ等で宣伝して

紹介手数料をもらう側にこれからなっていきます。

アフィエイトをする人、つまり「アフィリエイター」

として、活動していきます。

 

10数年前は、リンクスタッフ等各社バラバラな良い方をしていましたが

今はアフィリエイトに統一されています


ゼッタ君アフィリエイト基礎講座トップページに戻る

■アフィリエイトの基礎講座